自動車の運転から飛行機の操縦まで
ペーパードライビング教習
ライセンス
補助ブレーキ

新着情報

弊社業務一覧

フライトスクール

フライトスクールの流れの画像

当校は日本国内の訓練費用の高さを知り、
日本進出を決意し「ダイレクト」に生徒を募集します。

フェニックスイーストは全世界同じ料金で、低コスト高システムを提供出来ます。

■ フライトスクールの特徴

Phoenix East AviationはFAA公認校です。
米国国内はもとより、世界各国から訓練生が訪れる飛行訓練校です。

Phoenix East AviationはFAA公認校です。
世界各地でプロパイロットとして、第一線で活躍している卒業生を数多く輩出しており、
米国国内はもとより、世界各国から訓練生が訪れる飛行訓練校です。

国際的なので外国人訓練生の教育には絶対の自信と実績があります。
当校は米国政府から教育研修プログラムの承認を受けていますので、J‐1ビザの発給もいたします。
J‐1 ビザを取得すると、教官として報酬を得ながら飛行経験を積む事が許可されます。
コンピュタルーム、ATC教室、各種シミュレーター、英会話教室などグランド面も完備し、
実機と併用して効率良い訓練が行えます。
尚、当校には公認試験管が常任してます。また日本人教官、女性教官など教官の指名もできます。
全くのゼロからボーイング747 までトータル的にシラバスを持ち(Prt.141,61など)、親切丁寧に教育します。
(フライトアテンダント、管制官、ディスパッチコース、Embry-Riddle Aeronautical University に
入学するコースもあります。)

■ 皆さんの夢を、全力で応援します

掲載金額は訓練に係わる学校の費用のみで 
現地での滞在費(アパート等)、食費や、現地往復費などは含まれません。
事業用を目指す方は就職の心配があると思いますが、個人差 航空会社の状況などあり
免許取得と就職は別問題です。就職を保障する制度は当校に限らず存在しません。

人生の大きな転換でもあり賭けもあるため 良く考え情報を集め判断して下さい。
免許の種類も多く航空業界の複雑さや世界各国の違いなど色々な事柄が絡むので一言では話せません。
ご希望や夢をお話し下さい 最適な方法を助言いたします。
高収入のイメージやステータスだけでのチャレンジは止めた方がいいと思ってます。
免許取得に2年はかかり その後フライトタイムを増やす為 教官や副操縦士の訓練に1年はかかります。
本当に好きで 本気で夢を追い続ける意思がないと費用と年月を無駄に捨てる事になります。
私共は空を愛し、夢を追いかける人達が好きで、応援とお手伝いができればと考えています。
夢を持ち続ける事は大変ですが モチベーションをあげる努力をし 追い続けてると叶うと信じてます。

フライトスクールにかかる費用のご案内 お問い合わせメールを送信する

ご質問等は遠慮なくメールにてお問い合わせ下さい。心よりお待ちしております。
お問い合わせメールアドレス:mado@baja-air.com